半身浴では痩せないの?!本当の健康効果を3つご紹介します

みなさんは半身浴をしていますか?
ぬるめのお湯にゆっくりと浸かっていると本当に気持ちいいですよね。

 

半身浴をしている方の中にはダイエット効果を狙っている方も多いと思います。
しかし本当に半身浴にダイエット効果があるのでしょうか?

 

半身浴で痩せる

実は半身浴で痩せることはありません。
これは医師に向けてのアンケートの結果8割以上の医師が「半身浴にダイエット効果はない」と答えていることから事実といえるでしょう。

 

半身浴の後に痩せたと感じるのは、体が温まったことで発汗したことによります。
しかし発汗で減ったのはあくまでの水分ですから、本当に痩せたことにはならないのです。
実際に半身浴後に水分補給をすればすぐに体重も戻ってしまいます。

 

半身浴の効果

では半身浴をしても意味がないのでしょうか?

 

いいえそれは違います。
半身浴には体にいい効果がたくさんあるので、意味がないわけがありません。
ではどんな効果があるのでしょうか?

 

1、冷え性の改善

 

半身浴は足を中心に温めますね。
足は心臓に一番遠いために血行が悪くなりがちです。
冬になると足先が冷えたり、足の指がしもやけになることがありますがこれも血行が悪いためです。

 

半身浴で温められた血液は足の筋肉に押し上げられて全身にめぐりますので、足だけでなく全身の血行改善が期待できます。

 

冷えている体は新陳代謝がしにくくなりますから、半身浴によって冷えが改善できれば新陳代謝が活発になることが期待できます。
新陳代謝はエネルギーの燃焼や新しい細胞を作り出す活動を促すので、脂肪の燃焼やお肌の再生も進むというわけです。

 

半身浴で直接痩せる効果が期待できなくても、続けることで体質が変化して痩せやすい体になることはあるのです。

 

2、リラックス効果

 

体が温まると筋肉や神経もゆるみます。
すると副交感神経が働きリラックス効果が得られるのです。

 

昼間の時間に追われる生活では交感神経が働き緊張が続きますが、半身浴で温まることでリラックスすることができます。
1日分のストレスを解消するためにも半身浴は効果的です。

 

3、安眠効果

 

私たちの体は昼間活動するのに適した体温を保っています。
これは緊張を保ち、狩りに対応できるようにするためです。

 

体温は活動をしない夜になると徐々に下がってきます。
その時上がっていた体温を下げるために体の表面温度を上げて、体の中心部分の体温を下げようとします。
こうした体温の変化が自然な眠りを導くのです。

 

この体温の変化を意識的に行えるのがお風呂です。
お湯に入って表面温度を上げ、お風呂から出ると徐々に下がります。
眠りたい時間から逆算して2時間くらい前にお風呂に入るとちょうど自然に眠りに入るタイミングになります。

 

40度以上の熱いお風呂やシャワーだけではこの安眠効果は得られません。
熱いお湯に刺激を受けると交感神経が活発になるためです。
目の覚めるような熱いシャワーは朝起きた時に浴びるようにして、夜はゆっくりと半身浴で温まりましょう。

 

半身浴の方法

こんなにうれしい効果のある半身浴ですが、入り方にも注意が必要です。
ぬるいとはいえ長時間お風呂に入るのですから脱水や血圧にも注意が必要です。

 

まず入浴前には必ず水分補給をしましょう。
冷えが気になる方はお白湯をおすすめします。

 

お酒を飲んだ後には決して入らないようにしてください。
アルコールは体が温まると回りすぎるので危険な場合があります。

 

お湯の量はみぞおち(肋骨の下あたり)にくるくらいに調整します。
心臓より上にお湯がくると負担がかかるので少ない量にします。
お湯の温度は37〜40度です。40度以上のお湯は熱すぎるので薄めましょう。

 

入る時間は20〜30分が目安です。
汗をかきたいとがんばりすぎると脱水症状をおこしてしまう心配がありますので、決して無理に長時間入ることはやめましょう。

 

30分以上はいる場合には途中で水分補給をしましょう。
この時氷の入った冷たい飲み物を飲むと内臓の負担になりますので、温かい飲み物か常温の物を用意しましょう。
入浴後にも必ず水分補給をしてください。

 

半身浴は全身の冷え性改善に役立ちますので週に2〜3回行うと変化を実感できると思います。

 

まとめ

半身浴はダイエットに効かないなんてショックですよね。
でももっといい健康効果もあることがわかって安心しました。

 

今まで半身浴をしていた方はぜひ続けていきたいですね。
まだ半身浴をしたことがないという方も、ぜひ始めてみてくださいね。

痩せる薬のトップへ戻る